富士山に10式戦車と実にジャパンな表紙なHJ2013年9月号!HOWTOに徹底改修作例と、10式戦車を楽しむならこの一冊で決まり!

 こんにちは、林哲平です。

 ホビージャパン2013年9月号の紹介です!

表紙、関東特集はタミヤの10式戦車!

 この号は世界遺産登録された富士山をバックに10式戦車という「日本」を究極的にまでフィーチャーした表紙となっております。

 表紙モデルの10式戦車は当時タミヤの最新キットで、模型業界大注目のアイテムでした。

 それを現用戦車を作らせれば日本一、作品集も出版されている井上賢一氏が魂を込めて制作しており、表紙作例は見事の一言!

 実車のディテールを忠実に再現し、車体全体に何百とつく小型フックも全てシンチュウ線で自作するという離れ業までやってのけています。

 最初にして最高の10式戦車作例ですね。

私も10式作ってますよ!

 私もこの号では10式戦車の作例を制作しているんです。

 初めて戦車を作る人でも安心して読める、初心者向けのHOW TO記事「陸上自衛隊 10式戦車」製作講座」を担当しています。

 ガルパンにも登場し、はては大洗町にまで現れた今日本中の注目を浴びる10式戦車。

 私の周りでも普段戦車に見向きもしない人まで買っているので、その人気は本物ですね。

 反面、買ってはみたものの、作り方がわからない!という人も多いようです。

 「陸上自衛隊 10式戦車」製作講座」は超初心者が今さら聞けないようなパーツの切りかたからきれいに接着する方法までやさしく解説。

 さらに中級者以上も気になる現用戦車を格好良く仕上げるポイントであるセンサーやライトレンズの加工法から、誰でも簡単にできる戦車の迷彩塗装のコツ、そしてAFVモデラーを苦悩させる地獄の自衛隊迷彩服塗装法などなどてんこ盛り。

 自衛隊の迷彩服の塗装法は自分でも真っ白になるまで頑張った部分なのでぜひ見て欲しいポイントですね。

 ちなみに今はホビージャパンからこんな便利なデカールも出ているので、無理に筆塗りする必要がなくなったのがありがたいですね♪

 なお、この10式戦車のHOWTOは別冊「戦車模型製作の教科書」に再録されているので、まとめて戦車の作り方を知りたい!という人はぜひこちらを読んで見てください♪

 ホビージャパン2013年9月号をよろしくおねがいしますね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました