究極のフレームアームズ本登場!!! HJプロモデラー陣が「俺の専用機」をテーマに製作したオリジナル機だけで構成されたスペシャルMOOK「フレームアームズ HJ モデリングマスターズ」発売!!!

 こんにちは!!! プロモデラー林哲平です!!!

 今回はホビージャパンが誇るプロモデラー陣の「フレームアームズ」作例が乱舞するプラモデルMOOK

 「フレームアームズ HJモデリングマスターズ」を紹介します!

フレームアームズとは?

 「フレームアームズ」はコトブキヤが展開しているオリジナルプラモデルシリーズで、フレームアーキテクトと呼ばれる共用フレームに 外装や武装を装着して様々なロボットとなります。

フレームアームズ | 製品シリーズ | KOTOBUKIYA
フレームアームズはコトブキヤが提案するオリジナルロボットメカニック商品。中核となる共通素体(フレーム)に外装(アーマー)を装着することによって、様々なデザインのロボットを簡単に組み上げることができ、さらに共通素体・外装の組み替えにより無限のバリエーションを造ることが出来ます。素体はロボット可動モデルの究極を目指し、幅広...

 フレームは最初から完成しているため組み立ては容易で、フレームが共用であるためパーツに互換性があり、無限の組み合わせで自分なりのカスタマイズを楽しむことができるのが最大の特徴です。

 現在では商品点数も30を超え、プラモデルシリーズとして確実に定着しており、これかの発展もすごく楽しみなシリーズなんですよ!

プロモデラーの考える「オレ専用機」がスゴイ!

 この本ではホビージャパンのプロモデラーが「俺がもしフレームアームズに乗るならこういう機体にするぜ!!!」というコンセプトで製作された数々の「オレ専用機」が 掲載されています。

 たとえ同じ機体であっても、作る人が違うとここまで変わるのか!!! とモデラーの個性を打ち出した作例ばかりで、元機体には無いような合体変形ギミックを備えた作例も多く、フレームアームズならずともガンプラのオリジナル作品を製作する時にも方向性やギミックに関して非常に参考になること間違いありません。

 新規作例はなんと8体も収録されており、ホビージャパン本誌で連載を読んでいた人も見逃せない内容です。

私の俺専用機は「NSG‐XXTH カオスエグゼクス」!

 私が今回製作しているのは作り起こし作例である「NSG‐XXTH カオスエグゼクス」。

 裏表紙で岡村征爾氏製作の「バーゼラルド・ヴィクセリオス」と戦っている黒いフレームアームズです。

 いつもじゃん!!! と言われそうですが今回もテーマは「最強のラスボス」。

 バルチャーとフレズヴェルクを2機づつ、あとドゥルガーとエクステンドアームズ02を使った六個一作例という構成で、巨大かつ凶悪でひと目みただけで「これはラスボスだな」と見えるロボに仕上がっています。

 自身作なので、ぜひ一見していただければと思います。

 「フレームアームズ HJモデリングマスターズ」をよろしくお願いします!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました