HGとMG、1/144に1/100のパーツを組み合わせ,お手軽成型色活かしで近藤版MSを作ってみよう! ギラドーガ(オリジナルカラー)ホビージャパン2021年11月号掲載作例

 こんにちは。プロモデラー林哲平です。

 今回はホビージャパン2021年11月号の連載記事「ガンプラ凄技テクニック」で制作したHGUCギラドーガを紹介します。

 1/144に1/100のパーツを移植し、エアブラシを持っていない人でも塗装無しでお手軽に近藤版MSを楽しめるように徹底解説しています。

作るしか手に入らない近藤版MSを万人の手に!

 近藤和久氏の描くミニタリーテイスト溢れる「近藤版MS」。

 80年代後半から90年代初頭にかけて人気となり、数多くのガレージキットが発売され、ホビージャパンでも作例として紹介されました。

 私も近藤版MSが大好きで、これまで「ガンプラ凄技テクニック」や「機動模型超級技術指南」で作例を製作したところ好評で、真似て作ってくれる人も増えてきて大変嬉しく思っております。

冬季迷彩とツェメリットコーティングでお手軽近藤版仕上げに! MGギラドーガ冬季迷彩仕上げ。HJ2018年12月号掲載作例。
 こんにちは!プロモデラー林哲平です!  今回はホビージャパン2018年12月号の連載記事「ガンプラ簡単フィニッシュのススメ」にて製作したMGギラドーガ冬季迷彩仕上げを紹介します!ウェザリングカラーでお手軽...
ミニタリーMSの最高峰、近藤版MSを伝統的AFVテクニックを駆使して新生する!1/100近藤版ギラドーガ。HJメカニクス05掲載作例。
 こんにちは!プロモデラー林哲平です! 「究極の作例を作る」をテーマに予算、時間、手間など全てのリミッターを解除して思いのままにガンプラを作るホビージャパンメカニクスの連載企画「林哲平の機動模型超級技術指南」 HJ...

 ですが、その独特のプロポーションなどを再現するとなるとどうしても工作技術が必要になるのもまた事実。

 そこで今回は「近藤版MS興味あるんだけど、工作も塗装もあまり得意じゃないし……」という人に向け、誰でも簡単に近藤版MSが作れるように徹底的に簡単にしてみました!

 近藤版MSのアイコンともいえるギラドーガをお手軽に近藤風へとミキシングで作ってみましょう♪

1/144と1/100、同じMSのガンプラを組み合わせてみよう!

画像

 1/144と1/100のガンプラ 異なるスケールですが、ミキシングして組み合わせるといろんな遊びをすることができます。

  同じMSであれば色も同じなので、塗装する必要もありません。

  実はギラドーガはちょっとだけ成型色違うんですが、これくらいならウェザリングすればまったくわからなくなります♪

武器は大きいだけで迫力が出る!

画像
画像

 1/144に1/100のパーツを移植するするうえで、最も手っ取り早く、かつ効果が高いのが武器です。

 HGとMGだとこれくらいサイズが違いますし、大きな武器を持たせるとそれだけで強そうに見えてくるのです。

フロントアーマーを1/100にするだけで近藤風になる!

画像
画像

 近藤版MSと言えば長いフロントアーマーが特徴です。

  改造するのは大変ですが、1/144に1/100のパーツを移植すれば簡単に再現できます。

  成型色も変わらないので、まったく塗装いらずの超お手軽工作なんです♪

バックパックが大きいと迫力アップ!

画像
画像

 バックパックも移植すると効果的なポイントです 。

 特にギラドーガは1/144に1/100のパーツを装着すると大量の荷物を抱えた兵士のようなイメージとなり、より近藤版的なミニタリーテイストを強化することができるのです♪

肩アーマーを1/100にするだけで圧倒的にマッシブになる!

画像
画像


 肩アーマーも重要ポイントです。

  1/144に1/100のパーツを移植すると逆三角形のマッシブなプロポーションとなり、全体に力強い印象を与えることができます。

  肩アーマーが大きくなると相対的に頭が小さく見え、頭部が小さく描かれることの多い近藤版MSの印象により近づけることができるのです。

シュツルムファウストは大きければ大きいほどいい!

画像

 近藤版MSに欠かせないのがシュツルムファウストです。

  ただ、キットのサイズだとデザインのソースとなったパンツァーファウストのバランスよりかなり小さいので、ワンサイズ大きなスケールのものを持たせるとより迫力を出すことができるのです。

 ギラドーガはMSデザイン史上初のシュツルムファウスト装備MSですから、ここはぜひともコダワリたいポイントです♪

塗らなくてもここまでできる!

画像

 HGギラドーガにMGの肩アーマー、バックパック、武器、フロントアーマーを移植した状態 。

 この通りこのままでもまったく違和感無いので、これで完成として、無塗装でお手軽に楽しめるのもオススメのポイントです♪

成型色を活かした鋳造表現!

画像
画像
画像
画像

 近藤版MSといえば鋳造表現ですが、成型色を活かした場合、一般的なパテを使った方法が出来なくなります。

  そこで記事ではツールクリーナーでプラ表面を溶かし、ワイヤブラシで表面を荒らして凹凸を表現する方法を解説しています。

全てのMSを近藤版に!

 今回紹介したテクニック、実はギラドーガや近藤版でなくとも、1/144と1/100があるガンプラならいろんなキットに応用可能です。

 ジオン系MSであれば大抵のMSを近藤風プロポーションに変更可能ですし、ガンダム系MSに応用すればこのEx-Sのように肩アーマーを大きくするなどしてお手軽にマッシブなスタイリングに出来たりもします。

伝説の『ガンダムセンチネル』掲載のカトキハジメ氏のイラスト「REAL Ex-S」をMG、HG、旧キットのミキシングで製作する。1/144Ex-Sガンダム。HJメカニクス06掲載作例。
 こんにちは!プロモデラー林哲平です! 「究極の作例を作る」をテーマに予算、時間、手間など全てのリミッターを解除して思いのままにガンプラを作るホビージャパンメカニクスの連載企画「林哲平の機動模型超級技術指南」 HJ...

 スケール違いの同じMSの組み合わせというのは想像以上にいろんなことができますし、基本同じ色なので面倒な塗装無しで改造だけを楽しむことも可能なのでぜひいろいろと試してみてくださいね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました