成型色仕上げの部分塗装。塗料がはみ出したらどうする?拭き取るよりも削ってしまえ!!超初心者向けはみ出しリカバリーテクニック!!!

 こんにちは!プロモデラー林哲平です。

 いきなりフルスクラッチできちゃう超人とかもたまにいるんですが、まあ普通はガンプラを始めて、もっとカッコよくしたいな〜と思ったときって足りない色を塗り足す部分塗装から始めますよね。

 私はSDガンダム直撃世代で、BB戦士をマジックで真っ黒に塗ったりして「かっけ〜!悪そう!」とかして楽しんでました(笑)

全塗装初心者にオススメ!手間無しでカッコよく仕上がる黒赤ライバル機カラーで塗ってみよう!!!
 こんにちは!林哲平です。 みなさん、ガンプラをオリジナルカラーで塗ってますか? 「自分にはそんな配色センスないし……」 という人でも大丈夫! 一見難しそうなオリジナルカラーですが、参考になるテンプレートさ...

 とまあ、それはさておき、今回は超初心者向けのテクニックとして、成型色仕上げでの部分塗装で塗料がはみ出したときの修正方法について解説したいと思います♪

はみ出した塗料は削っちゃえ!

  HGBFビルドストライクガンダムのアンクルアーマーを例に解説していきます。

 このアンクルアーマー、出っ張っている部分は本来グレーなんですよね。

 この部分を部分塗装してより設定のイメージに近づけていくわけなんですが……

 初心者だとガンダムマーカーを使って部分塗装する人が多いので、ガンダムマーカーで塗り分けてみます。

 でも、マーカーの穂先ってどうしても太めなので、塗り分けがはみ出しちゃうんですよね〜

 たまに「ガンダムマーカーの達人」みたいな人がいてものすごい精度で塗ったりできるんですが、私はもちろんはみ出します(笑)

 ガンダムマーカーも模型用ラッカー系の溶剤を綿棒に染み込ませて拭き取ればはみ出しも拭いとれるんですが、こういった段差の内側部分を綺麗に拭き取るってすんごい難しいんですよ。

 必要な部分まで拭き取っちゃったり、拭き取った塗料が白い部分に残ってなかなか落ちなかったり。

 そんなときこそデザインナイフの出番です!

 カリカリっとナイフの刃先ではみ出した塗料を削り落としちゃいましょう。

 完成状態。

 このような小面積ならば、溶剤で拭き取るよりも素早くお手軽に、かつキレイに仕上がるんですよ。

 全塗装でこんなことはできませんが、成型色フィニッシュならば下地の成型色を露出させることで塗料のはみ出しをリカバリーできるんです。

 これは別にガンダムマーカーに限ったことではなく、エナメル塗料やラッカー塗料で部分塗装しても、成型色フィニッシュなら同じようにリカバリーできるので覚えておいて損は無いですよ!

 面倒な部分塗装ですが、肩の力を抜いてやってみてくださいね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました