プラ板てどうやって切るの?超基本!プロが教えるプラ板の切り方真っ直ぐ編!!!

 こんにちは!林哲平です。

 みなさん、プラ板工作してますか?

 タミヤのプラ板は模型界に革命をもたらした、それはもう偉大なマテリアルなんですが、まあこれを語ると5000字くらい書いても足りないくらいなんですが、とにかくプラ板工作はいいですよ〜♪

 延長してよし、幅増ししてよし、隙間を埋めてよし!

 箱組みしたり、積層にしたり、熱で加工したりともう、なんでもできる万能素材なんですが……

 「使い方がよくわからない」

 「測るのが面倒くさい。パテが楽」

 という感じで、敬遠しちゃってる人も多いんですよね。

 今回は超!超!超!基本である、プラ板を真っ直ぐに切る方法を紹介します。

 

プラ板を真っ直ぐに切る方法はこれだ!

まずは金属定規をプラ板当てて、デザインナイフでスーッ、スーッと軽くなぞるようにしてプラ板に切り込みを入れます。

 このとき一回で深く切り込みを入れようとするとナイフの刃先が欠けたり、刃がズレて真っ直ぐ切れなくなってしまうので注意してください。

 なお、切るときの定規は必ずスチール製の金属定規を使うこと!

 プラ製の定規を使うとナイフの刃が定規に食い込んで使い物にならなくなってしまいますし、焼き入れされていない軟鉄製の定規だとすぐに曲がるので作業しずらいんです。

 切り込みを入れたら軽く力を入れてパキン!と折ります。

 「こんな簡単に折れるの?」

 って見えるかもしれませんが、ちゃんと切り込みが入っているならすぐ折れるんですよ。

プラ板を真っ直ぐ切ることができました!

 無限の可能性を秘めたプラ板工作ですが、まずは真っ直ぐ切るところから始めてください。

 プラ板はプラモと同じスチロール樹脂製なので、接着剤も同じものが使えますし、パテと違い異素材同士の境目を修正する手間もありません。

 苦手意識を持たず、ぜひぜひプラ板を使ってあげてください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました