ビッグサイズの怪獣ガレージキットを楽しむ。ビリケン商会 リアルモデルシリーズ バラゴン

 こんにちは!プロモデラー林哲平です!

 今回は私が大学卒業してからホビージャパンに入るまでの2003〜2005年くらいまで。

 ファミレスの深夜バイトをしながらフラフラしていた時代に運営していた模型ホームページ「三野町防衛隊」よりビリケン商会のソフトビニール製ガレージキットのバラゴンを紹介します♪

 若かったうえに当時は在野のアマチュアモデラーで、文章が緩かったりいろいろ辛口な発言もしていますが過去のことと許してやってください(笑)

 当時の文章は青春時代ということで青文字で表記しています♪

バラゴンは怪獣界の改造王!

 数ある怪獣の中でもバラゴンほど頻繁に改造された怪獣は他に無いでしょう。


 バラゴン→パゴス→ネロンガ→マグラ→ガボラ→バラゴンと5回も改造されています。よく最後にバラゴンに戻れたものです。

 当時の着ぐるみ改造怪獣はモスゴジ→ゴメス ベムラー→ギャンゴ レッドキング→アボラスなんかが有名ですね。

 初代ウルトラマンで改造されてないのはゼットンくらいじゃないでしょうか。

 さしずめ怪獣界の4号戦車といったところです。 

ベーシックな怪獣模型製作スタイルで作る!

 ビリケン商会のキットは安い・出来いい・大きいの三拍子が揃った傑作キットで工作らしい工作はしていません。

 継ぎ目をエポキシパテで埋めたくらいです

 塗装はピンクに近い肌色を全体に塗り、茶系で3回くらいウォッシングして陰影をつけ、最後にダークイエローに白を加えながら3段階くらいに分けてきつめにドライブラシをほどこしています。

 爪や角は白の上からダークイエロー+茶でウォッシングしています。目は普通に筆塗りですが、今考えるとドールアイに変えれば良かったかもしれません。

 完成すると全長30cmを超えるので結構迫力があります。

 怪獣はそれなりの大きさがないと立体物としての迫力に欠けるのかもしれません。

 実際WFで販売されている怪獣ガレージキットは大きいものばかりですし。

 ただ最近の怪獣ガレージキットはあまりに高額で手が出ないのが難点です。

 昔のように安価なソフビキットを出してくれると嬉しいんですが。

 海洋堂のバトラ幼虫とか再販しませんかね?

ビリケン商会のソフビキットは名品揃い!

 というわけでビリケン商会のバラゴンでした。

 ちなみにこのバラゴンは下北沢の模型店、サニーで購入したもの。

下北沢のプラモデルとおもちゃのお店「ホビーショップサニー」
下北沢にあるプラモデルとおもちゃのお店「ホビーショップサニー」です。

 昔は大学の模型サークルの友人とよく東京の模型屋めぐりをしていたのですが、今残っているお店ってサニーくらいになっちゃいましたね。

 それはともかく、ビリケンのソフトビニール製ガレージキットってとにかく出来がいいんですよ。

 かつては3000円〜5000円くらいと非常にリーズナブルな価格で買えたのですが、現在ではどのキットもプレミアがついており、入手困難なのが残念です。

 ああ、なんで自分は昔このシリーズをもっと買っておかなかったんでしょうか!

 ビリケンのソフトビニールキットは現在ではたまにソフビの成型色変えで再販されており、ちょっと、いやかなり競争率は高いですが、ホームページを常にチェックしておけば予約できる……かも?

 もし入手する機会があればぜひ作ってみてくださいね♪

 怪獣模型は迫力抜群で楽しいですよ♪

billikenshokai STORE
1976年に日本初の古い玩具の専門店として南青山の骨董通りにオープンしたビリケン商会が、1983年より製造販売を開始したオリジナルのソフトビニール製組み立てキットを販売いたします。 長年にわたり店頭販売と電話注文のみの対応でご不便をおかけしておりましたが、2020年12月、専門の通信販売サイトを立ち上げました。 実店舗...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました