ふたば☆ちゃんねるの虹裏から生まれた知る人ぞ知るロボを作る!フルスクラッチ HG(ハヤシグレード)1/144ルッピョロ専用ヒギョパム&量産型ヒギョパム

 こんにちは!プロモデラー林哲平です!

 今回は私が大学卒業してからホビージャパンに入るまでの2003〜2005年くらいまで。

 ファミレスの深夜バイトをしながらフラフラしていた時代に運営していた模型ホームページ「三野町防衛隊」よりフルスクラッチのHG(ハヤシグレード)1/144 ルッピョロ専用ヒギョパムと量産型ヒギョパムを紹介します♪

 若かったうえに当時は在野のアマチュアモデラーで、文章が緩かったりいろいろ辛口な発言もしていますが過去のことと許してやってください(笑)

 当時の文章は青春時代ということで青文字で表記しています♪

ルッピョロ専用ヒギョパムとは?

 知る人ぞ知る虹裏発祥のMF(モビルフォース?)、アジアンテイスト溢れるカラーが魅力のルッピョロ専用ヒギョパムです。

 とんでもなく目立つカラーリングで戦場では敵に狙われること間違いなしなんですが、ルッピョロの武士道精神?によりこのカラーなんだそうです。

 公式設定?によると最終回で敵に特攻、潔い最期を迎えるとのこと。

ヒギョパムを作る!

 ヒギョパム祭りの頃はまだインターネットを始めていなかったので友人に絵を見せてもらってたりしてたんですが、まさか自分がこれを作ることになるとは思ってもいませんでした。

 作るきっかけは友人とWHF(ワールドホビーフェスティバル)に出ることになったときのこと。

 無版権でも作れるメカを検討した結果ヒギョパムしか思いつかず、なにも出さないのはさすがにマズかろう・・・ということで製作したわけです。

 今考えると恐ろしく不純な動機ですな。

 ヒギョパム保管庫の扉画をちょうどいいサイズにコピーし、それを図面代わりに製作しました。

 ビームライフル?の砲身をプラ棒で作った以外は全てウェーブの軽量エポキシパテにて製作しています。

 さすがに可動しないとマズかろうと思ったので全身にポリキャップを仕込んでフル可動に。

 動かないのは指くらいでそれ以外の間接は全て可動します。

 おかげで部品数は30パーツとかなり多くなってしまいましたが。

 モノアイは裏にHアイズをクリアーレッドで塗り、裏にラピーを貼り付けています。

 光が当たると反射でキラリと光り、雰囲気抜群。

 もっとも本当は電飾にしたかったんですが。

 塗装は白を多めに混ぜ、明度を上げています。

 もともと表面にディテールが無くのっぺりしたデザインなのでデカールを貼って全体を引き締めます。

 デカールは新しいXデカールを使用しました。字体も悪くなく、細かいコーションマークがたくさん入っているので非常にお奨めです。

 完成してみると意外なくらい格好良く、アジアンカラーで塗るのが残念でたまりませんでした。

 ちゃんとした武器を持たせてゲルググカラーなんかで塗れば普通に格好いいロボットになるような・・・気もします。

 ちなみにWHFでは1個しか売れず、惨敗でした。

量産型ヒギョパムとのコンパチキットでした!

 頭の突起が無いぶんコストダウンされた量産型のヒギョパムです。

 カラーも三色から2色へと簡略化されていますが、アジアンテイストなのは相変わらず

 ルッピョロ専用機だけでは面白くないと思ったので、量産型のパーツも作ってみました。

 キットはこの2つのコンパーチブルとなっています。

 基本的にルッピョロ専用機と同じで違うのは頭前部のみです。

 塗装もルッピョロ専用機と並べても違和感のないよう明度を上げ、デカールを貼って仕上げています。

 今思うとスプリッター迷彩ぐらいしても良かったかもしれません。

 どちらかというとルッピョロ専用機よりこちらのほうがお気に入りだったりします。

 量産機っていうのがいいですね。

 WHFでは惨敗したヒギョパムですが、リターンマッチのWFではなんとか完売することが出来ました。

 買ってくれた皆さん、本当にありがとうございます(涙)

懐かしき虹裏の思い出!

 というわけでルッピョロ専用ヒギョパム&量産型ヒギョパムでした。

 といっても、過去の私の不明瞭な解説だといまいちわけがわからない人がほとんどだと思うのでちょっとばかり解説を。

 私が大学生の頃の2001年に誕生し、その後私のようなオタクに大人気となったのが画像掲示板の「ふたば☆ちゃんねる」です。

双葉ちゃん♪

 それまでオタクが交流する場所と言えば現在の5ch、当時の2chでしたが、テキストベースで写真をアップロードするのに手間がかかる2chと違い、まず画像をあげてそれについてあれこれみんなで話をするのがとにかく新しくて楽しかったんですよね。

 そしてふたば☆ちゃんねるといえば二次元裏、通称「虹裏」掲示板が大人気で、そこから虹裏発のキャラクターが数多く生まれたんです。

 ウインドウズのOSを擬人化した「とらぶるういんどうず」とか懐かしい人も多いんじゃないでしょうか?

 ヒギョパムはそんな虹裏発のキャラクターの一つ。

 ある日、このイラストと共に

「僕の考えた僕の考えたMSです!カッコイイでしょ!(^^)名前考えてください!」

 という書き込みに

 「ルッピョロ専用ヒギョパム」

 とだけ返されたレスが盛り上がり、有志により壮大なヒギョパムワールドが生成されていったわけなのです。

ヒギョパム - ふたば★二次裏@wiki
ヒギョパム 誕生日: 2003/12/03 主な活動場所: img 概要: 「ヒギョパム」シリーズを代表するモビルフォース。 ファーストシリーズの主人公、ルッピョロ中尉の愛機。 解説: 【元ネタ】 オ...

  

 私と一緒にワンフェスやワールドホビーフェスティバルに出品していた友人はフィギアを作るのが上手くて、とらぶるういんどうずのディフォルメキャラクターを作ってそれがよく売れていたんですよ。

 じゃあ私も、ってことでヒギョパムを作ったわけなんです。

 このあたりのことはこちらの記事に詳しく書いています。

ワンダーフェスティバルで生活費を稼げ!……たら良かったなあ〜。これからワンフェスに出たい人へ。私の成功と失敗の経験、全部教えます! その⑥版権料を払わなくてもいいキャラクターを探す!
 こんにちは。プロモデラー林哲平です。 長々と語り続けてきたワンフェス修行編も今回で最終回。 ラストは番外編として、版権料を払わなくてもすむ、オリジナルキャラクターやフリー版権のキャラクターについて紹介したいと思います。...

 初回こそ1体しか売れなかったものの、イベントに参加するたびにコンスタントに売れ、最終的には100個くらい売ったんじゃないでしょうか?

 ちなみに一番最初に売ったときだけ4000円、次からは3000円で売ってました。

 昔はふたば☆ちゃんねるに入り浸っており、模型板に趣味で作ったプラモをよく投稿してたりしてたんですが、結婚したあたりからすっかり見なくなっちゃったんですよね。

 懐かしくなったので、久々に覗いてこようと思います♪

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました