同じガンプラ同士のミキシングは相性抜群!名作キット1/100ティエレンを4脚化し、疑似MSVを作ってみよう!ティエレン多脚試験型。ホビージャパン2021年7月号掲載作例。

 こんにちは!プロモデラー林哲平です。

 今回はホビージャパン2021年7月号の連載記事「ガンプラ凄技テクニック」にて制作したティエレン多脚試験型 を紹介します♪

劇場版「機動戦士ガンダム閃光のハサウェイ」を大特集!あっと驚くUC90年代MSやモータヘッドやヘビーメタルなど永野メカ作例も充実な、ロボファン必見のホビージャパン2021年7月号発売!!!
 こんにちは!プロモデラー林哲平です! ホビージャパン2021年7月号発売しました!  今月は映画「閃光のハサウェイ」の大特集!  映画に登場するMSの作例はもちろんのこと、宇宙世紀90年代のあっと驚くMS...

同じキット同士は相性バツグン!「同一キットミキシング」!

 ミキシングビルドは別のガンプラを組み合わせるものと思われがちですが、実は同じガンプラ同士でも可能なんです。

  同じガンプラならば成型色もポリキャップも可動軸も全て同じなので、非常に相性の良い組み合わせでもあるのです。

 今回のテーマは「同一キットミキシング」

 AFVモデルさながらのリアルなディテール表現が魅力の1/100ティエレンを2体使い、メカニカルなイメージをより強調する4脚スタイルにカスタマイズしてみましょう♪

同じキットを2個用意する!

画像

 今回は使用するのは1/100ティエレン地上型。

 このキットは物凄くできが良く、ほぼMGと言っていいくらいで個人的に超オススメで大好きなキットなんです。

 なお、こちらの記事で1/100ティエレンの詳しいレビュー記事を書いているのでぜひ読んでみてくださいね♪

知られざる、ガンプラ黄金時代のオーパーツ! 全ガンプラで最もAFV的なリアルを体現した1/100ティエレンをプロモデラーが徹底解説!!!
 こんには!プロモデラー林哲平です。 今回は知られざる傑作キット「1/100ティエレン地上型」について熱く語ります!1/100でティエレンのプラモがあるって知ってましたか? 今や数千種類も超...

キットが2個あれば簡単にパワーアップできる!

画像
画像
画像
画像

 スネのシールドや胸の機銃、バズーカなど「一個しか入っていないけれど両側につけられるパーツ」ってありますよね?

 同じキットが2個あれば、まったくの無改造でもそれらのパーツを両側に装着することでお手軽にパワーアップさせることができるのです。

画像

 バズーカ、シールド、胸部機銃を装着した状態。

  このままでも「ティエレン重装型」として充分カッコいいので断然アリなのですが、ティエレン本体が丸々一個余ってしまいました。

 せっかくなので、ここからはより「同一キット」の特性を活かした組み合わせを考えていきましょう

ティエレンを4脚化する!

画像
画像
画像
画像

 ティエレンのような線が多くAFV的なデザインのロボは4脚が似合うので今回は4脚にカスタムしてみます。

 そのまま立たせると腰高になり重量感に欠けてしまうので、このように腰の中心軸を向かい合わせるように組み合わせて4脚化するとちょうどいいバランスとなります。

 いきなり接着すると取り返しが効かなくなるのでまずは両面テープで仮止めして組み合わせのバランスを煮詰めていきましょう。

 両面テープは張り剥がしが容易ながら粘着力も強力な「ナイスタック強力タイプ」を使用しています。

武器を全部盛りにしよう!

画像
画像

 せっかくなのでバズーカも滑空砲も全部盛りにしちゃいましょう♪

 同じ武装が2つあるなら、両手に持たせつつ余った武器は背部にキャノンとしてマウントすればOKです。

  手に持つ武器と背中につける武器を交換するだけでも印象が変わるので、いろいろと工夫してみてください。

余ったパーツを上手く合わせる!

画像
画像

 股間の中心に隙間が出来たのですが、余ったティエレンから肩シールドを持ってくるとドンピシャで収まりました。

 同一キットのパーツはデザイン的にも違和感は出ないので簡単に「本当にいそうな」説得力ある組み合わせにすることができるのです。

4脚用股間ブロックを作る!

画像
画像
画像
画像

 仮組みが終わったら腰ブロック本格的に製作します。

  記事ではエポパテを使い、お手軽に関節軸やパーツを接合して腰ブロックを製作する方法を詳しく解説しています。

成型色を活かしてウェザリング!

画像
画像
画像

 つや消しとウェザリングは「ガンプラ凄技テクニック」シリーズのMGザクキャノン、HGドム試作実験機の方法をほぼそのまま使っています。

どんなに汚しても違和感無し!1/144スケールウェザリングの基本を学ぶならドムしかない!!HGドム試作実験機陸戦ウェザリング仕上げ。 ホビージャパン2020年4月号掲載作例
こんにちは!プロモデラー林哲平です! HJ2020年4月号の連載記事「 ガンプラ凄技テクニック」にて製作したHGドム試作実験機を紹介します♪1/144ガンプラへのウェザリングってどうするの?...

 記事では4脚メカらしくより重量感を強調するため鉛筆でエッジを軽くテカらせて下地の金属感出す方法や、ペリスコープをリアルタッチマーカーで手軽に塗り分ける方法なども合わせて解説しています。

4脚下半身完成状態!

 4脚下半身の完成状態。

 改造したのは腰ブロックのみで、他はキットのままですがこれぐらい変化をつけることができます。

 製作の参考にしてみてくださいね♪

同一キットミキシングはとにかく初心者向け!

 様々なガンプラを組み合わせて製作するイメージの強いミキシングビルドですが、同じキットを2つ組み合わせるというのは非常に相性のいいカップリング。

 成型色も、ポリキャップも、可動も構造も全て同じ。同じ武器を二丁拳銃にしたり、左右非対称のパーツを両側につけるだけというのも立派なカスタマイズです。

 なによりも成型色が同じというのが大きな利点で、塗装する必要が無く簡単フィニッシュと親和性が高いので、初心者のミキシング入門にはピッタリの技法なのです。

 今回は1/100ティエレンをベースとして四脚機としてみましたが、組み合わせによっては腕を四本にしてもいいですし、キットを3つ、4つと組み合わせても様々な表現が可能となります。

 というわけでティエレン多脚試験型でした♪

 この方法を使えばグレイズやリーオーなど、いろんなMSを多脚化可能です。

 多脚ならずとも同じキット同士の組み合わせは簡単で初心者に優しいので、ぜひいろいろ試してみてくださいね♪

 ホビージャパン2021年7月号をよろしくお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました