簡単だけど効果抜群!外装のフレーム部分を塗り分ける!ナラティブガンダムで塗装によるディテールアップテクニックを学んでみよう!

 こんにちは!プロモデラー林哲平です!

 ところで、ガンプラの外装と一体化しているフレーム部分て塗装してますか?

 こういう部分はディテールや塗装支持もなかったりすることが多いのですが、塗り分けると一気にメカニカルな印象がUPし、見栄えも格段に上がるんです。

 今回は外装パーツと一体化しているフレームの塗装について解説していきます。

外装と一体化しているフレーム部分てこんなとこ!

 MGならほぼ全てのパーツが色分けされていますが、HGだとこのようにフレームと外装が一体化しており、塗り分ける必要のある部分があります。

 このナラティブガンダムC装備のシールド裏側とか典型的な部分ですよね。

 これはもちろん塗り分けた状態です。

 ですが、実はディテールが入っていないけれど、塗り分けると超グレードアップするポイントがあるんですよ!

MGのフレーム構造を参考にして塗装でHGにフレームを追加する!

 これは肩内側のボールジョイント。

 ディテールも何も無く、普通に作るならばこのままでもいいんですが……

 内側をグレーで塗り分けて見ると!

 どうです?塗り分けるだけで、そこに内部フレームがあるかのように見えてきませんか?

 MGなんかだと、肩アーマー内側にはフレームが入ってますよね?

 わざわざディテールを入れなくても塗り分けるだけでOK!

 これが塗装によるディテールアップなんです♪

塗り分けは筆でも全然OK!

 それでは方法をレクチャーしていきますね♪

 これはナラティブCの腰部分。

 この内側はフレーム部分なので、グレーで塗り分ける必要があります。

 と言っても、方法は簡単で筆で塗り分けるだけ。

 完成後触らない部分はエナメル塗料で、可動させたり遊んだりする時に手で触れる部分はラッカーかアクリル系塗料で塗るとで塗るといいでしょう。

 塗り分けたらこんな感じに。

 内側にフレーム色が入ったことにより、一気にメカニカルな印象となりました♪

塗装で「存在しないパーツ」を作り上げる!

 完成するとこんな感じに。

 目立たない部分ではありますが、本来なかったものが塗装により追加されることにより、メカニカルな印象が強調され、簡単フィニッシュでも引き締まった仕上がりになります。

 実は無いディテールを書いて再現する、というのは何十年も昔からある伝統のプラモテクニックで、昔のホビージャパンを見ると結構あったりするんですよ。

 ぜひ、存在しないはずのパーツを、塗装で生み出してみてくださいね♪

 なお、このナラティブガンダムC装備は「ガンダムウェポンズ 機動戦士ガンダムNT編」掲載の作例で、成型色を活かしたクリーンフィニッシュの方法を徹底解説しています。

 興味ある人はぜひ読んでみてくださいね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました