マスキング漏れを修正する究極の方法!コンパウンドではみ出した塗料をけずり取る「コンパウンドリカバー」を覚えればガンプラ塗装に怖いもの無し!!!

 こんにちは!プロモデラー林哲平です!

 ガンプラの塗装で欠かせない作業がマスキング塗装。

 頑張ってマスキングして、塗装して、さあ剥がすぞ!

 と、テープをめくると塗料の吹きこぼれを見つけてテンション下がることってありますよね。

 リタッチする、マスキングして塗装し直すなど修正方法はいろいろありますが、どれも面倒臭いもの。

 ですが、美しい塗装を目指すクリーンフィニッシュの全塗装作品を作るとき、このあたりをおろそかにすると仕上がりがガクン!と下がってしまいます。

 そこで、今回は私が知っている中で最も優れたマスキング漏れの修正法、「コンパウンドリカバー」を紹介します!

修正の困難なホワイトへのマスキング漏れ!

 ガンプラを全塗装するとき、より美しく塗料を発色させるために、基本は薄い色→濃い色の順番で塗装します。

  なのでマスキングして塗装していると、このようにしっかりと発色させたホワイトの上に彩度の高い色が噴きこぼれるミスが起きることがありますよね?

 クリーンフィニッシュの場合、これは極めてダメージの大きいミスとなってしまうんです。

 吹きこぼれた塗料をリカバーする方法は2つ。

  ①こぼれた塗料を上からリタッチする

 ②こぼれた塗料を取り除く

 となりますが、ホワイトの上だとこれがまた難しいんです。

 ①の上から改めてホワイトを塗ってリタッチをしようとした場合、上からどんなに塗装しても、下地の赤がいつまでも透けてしまうことが非常に多いんです。

 いくら隠蔽力の強い高性能のホワイト系塗料を使っても、鮮やかな色はとにかく強いので完全に隠蔽できないことが多いんです。

 そして完全に隠蔽したとしても、その部分だけ極端に厚塗りになったり、その部分だけホワイトの輝度が高くなったりと部分的に色味や仕上がりが変わってしまうんです。

  こうなると均一で美しい仕上げを目指すクリーンフィニッシュだとその部分だけ浮いてしまうので、結局はサーフェイサーを吹き直すところからやり直すことになってしまいます。

 こうなると②のはみ出した塗料を除去する、になりますが、2000番くらいの番手の細かい紙ヤスリを使って削っても、結構すぐに下地のサフが出てきたりしますし、その部分だけ傷がつくことによる質感の変化やスミ入れの染み込みなどはこれまたクリーンフィニッシュの大敵となるのです。

実践!コンパウンドリカバー法!

 パーツを傷つけず、いかにはみ出した塗料を除去するか?

 そこで必要になるのがコンパウンドです。

 コンパウンドは細かい粒子を擦り付けてパーツを磨く研磨剤。

 いわばペースト状のヤスリなのですが、これを使うと塗膜に大きな傷をつけることなく、表面を削ることが可能になるのです。

 コンパウンドリタッチに適しているのがタミヤコンパウンドの粗目。

 細目や仕上げ目はキメが細かすぎて塗料を除去するのには向いてないので、粗めを選んでおきましょう。

 コンパウンドを少量綿棒の先に付け、少しずつ先端を回転させるようにしてはみ出た塗料を落としていきます。

  このとき力を入れすぎると綿棒の芯棒が塗膜を傷つけてしまうので、力加減を注意してください。

 少しずつ、少しずつと加減しながら作業するのがコツです。

 はみ出した塗料を除去した状態。

 ホワイトの塗膜を傷つけることなく、濃い色を除去することができました。

  あまりに塗料がはみ出し過ぎている時は使えないこともありますが、リタッチするよりはるかに簡単かつ美しくミスをリカバリーすることができます。

より完璧を目指すならクリアーコートを併用しよう!

 と、便利なコンパウンドリタッチですが、それでも磨きすぎてサフ地が露出してしまうこともあります。

 こんなときはどうすればいいのでしょうか?

 最も確実な方法は、事前にクリアーを吹いてホワイトの塗膜を保護することです。

 ホワイトを塗装したあと、マスキングする部分に一度クリアーを吹いて透明の保護膜を作っておき、そのあとマスキングして塗装する。

 こうしておけばたとえマスキング漏れが起きても一段クリアーの層がホワイトを保護してくれているので、鮮やかな色が染み込むことも無いですし、はみ出しをコンパウンドで削り落とすときクリアー層が下地のホワイトを守ってくれるのです。

 なので私はマスキング漏れしそうな部分には塗膜が硬いのでしっかり下地を保護することができ、かつ乾燥の早いガイアノーツのExクリアーでホワイトを保護してからマスキングしています。

 ガンプラ界隈だとあまり知られていませんが、このテクニックはカーモデルでは一般的なテクニックだったりします。

  カーモデルは美しく仕上げるのが必須のジャンル。

  なのでミスをリカバリーするためのテクニックが非常に充実しているんです。

 全塗装のクリーンフィニッシュを追求しているモデラーさんでしたら、カーモデルの技法書を何冊か持っておくと確実にレベルアップに繋がります。

 というわけでマスキング漏れの救世主、コンパウンドリカバー法でした♪

 これを知っているか知らないかで全塗装でのガンダム系MS、特にマスキング作業の多い、144のガンダムを作る手間がガラリと変わってきます。

 ヤバ!漏れた!というときは、ぜひ試してみてくださいね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました