MENU

ワンダーフェスティバル2012年〈夏〉レポート

 こんにちは!プロモデラー林哲平です。

 2012年7月29日に幕張メッセで開催された、ワンダーフェスティバル2012夏に行って来ました。

 個人的に気になったものを撮影してきたので、いくつか紹介していきます。

なお、奥さんのブログ、はりこのはやしやでもワンダーフェスティバルのレポート記事を掲載しているので、そちらのほうもぜひご覧ください

あわせて読みたい
ワンダーフェスティバル2012年〈夏〉レポート”はやしや編” [ はりこのはやしや  ]
目次

若丸屋さんのサイバスターポゼッション!

b0fce710.jpg

 若丸屋さんのサイバスターポゼッション。

 鋭角的なサイバスターをさらに尖らせたデザインに若丸氏のアレンジが加わり、素晴らしい造形物へと昇華されました。

 私は今回のワンダーフェスティバルでは、ロボットものならばこのサイバスターがダントツで1番だと思います。

とらの会さんのグレートゼオライマー!

b21bda26.jpg

 とらの会さんのグレートゼオライマー

 幻のゼオライマー最強形態。

 形を捉えるのが難しい森木靖泰氏のデザインを見事に立体化しています。

 今はプラモがあるのが凄いですよね〜

 いい時代になりました♪

アーキタイプさんのHAL X-10!

433c84c7.jpg

 アーキタイプさんのHAL X-10

 リボルテックサイズなので、いろいろと遊べそうな感じです。

 ずっと前から同じHAL X-10を作っていた友人がその完成度に息を飲んでいました。

道楽模型道さんの1:35ヴァリアント!

2e94c351.jpg

 道楽模型道さんの1:35ヴァリアント

 CADと立体成型機を駆使して制作されたヴァリアント。

 コクピット開閉ギミックまで完璧に再現されており、もうガレージキットというよりもプラモデル一歩手前といった感じです。

 素晴らしい出来栄えでした。

あわせて読みたい
道楽模型堂

モグ工房さんのホイールドッグ!

c7852607.jpg

モグ工房さんの1:24ホイールドッグ

あわせて読みたい
モグ工房

オセロットさんのハウリングベアー!

d5904e15.jpg

 オセロットさんの1:24ハウリングベアー

 ブルーナイトの後半に登場するH級ATは設定身長が5メートル近いものも多く、このハウリングベアーもその一つ。迫力のサイズでした。

あわせて読みたい
403 Forbidden

CRAZY CRAFTさんのペーパークラフト!

49bc77b0.jpg

 CRAZY CRAFTさんのスコープドッグ

a09fd973.jpg

 エルアゾウル

3c14c2ca.jpg

 ARMORED COREⅤ 中量二脚機体

 恐ろしいことにこの三機、全てペーパークラフトなんです!!!

 30㎝を超えるビッグサイズにペーパークラフトとは思えないほどの精密感。

 エルアゾウルとARMORED COREVはこれまで見た立体物の中でも一番の迫力でした。

 そして…これだけメカメカしいディーラーがなぜ18禁コーナーに配置されていたのかが最大の謎でした。

 最近のペーパークラフトって本当にすごいですよね。

AT8Mさんのソフビ製魔神!

da7e7ee2.jpg

 AT8Mさんの超魔神龍神丸

18b068e1.jpg

 真夏鬼丸。

 驚くことに、この二つはソフトビニールで成型されたキットだということです。個人でソフビキットを作れる時代がやってくるとは……

 なお、真夏鬼丸は一色ごとに違う型を作る必要があったそうで、超魔神龍神丸の5倍以上コストがかかっているとのことでした。

502a57c5.jpg

 GG’Rさんよりリッガー.

 全長50㎝を超えるビッグサイズと電飾されて輝く目玉、着ぐるみのシワまで再現した造形によりとても目を引く作品でした。

 怪獣は大きいのが1番ですね。

あわせて読みたい
GG’R / KOICHI SENDA ジー・ジー・アール 造形塗装稼業 仙田耕一

がばごぼげべさんのチェルノボグ!

9f88fe74.jpg

 がばごぼげべさんのチェルノボグ

 デビルサマナー・ソウルハッカーズでリニューアルされて以来、すっかりキノコなイメージになったチェルノボグを見事に立体化されています。

 チャームポイントのキノコもしっかり再現。話を聞くとこのキノコの柄をレジンで成型するのが一番大変だったそうです。

グガツ工芸さんの1:50 6m内火艇!

5fb59d00.jpg

 グガツ工芸さんの1:50 6m内火艇

2b38ca81.jpg

 1:50沈没船キット

 ビッグスケールでカッターや内火艇などを制作されていました。細かなとこをまでもしっかり作りこまれ、普段は艦船模型のオマケ的なカッターや内火艇ってこんなに格好良かったのか! と勉強になりました。

ワンフェスは楽しい!

 ワンダーフェスティバルに行くと「日本にはこんなにたくさんの造形物を作る人達がいるんだ!自分もがんばらなきゃ!!! 」と創作意欲がモリモリ湧いて来ます。

 私は長らく売る側では参加していませんが、いつかまた1:24のATとか作って再戦したいですね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

 こんにちは! プロモデラー林哲平と申します。

 2005年より模型専門誌ホビージャパンの編集部に在籍。

 趣味、仕事合わせて3000体以上のプラモデルを組み立てた経験を活かし、プラモの楽しさをみんなに伝えたい!と実体験から得た製作テクニックなどを日々発信しています。
 

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる